「個人信用情報機関」とは何か?

2006年に改正された改正貸金業法では、総量規制といって、
借入をする人は年収の三分の一以上の借入が出来なくなっています。

 

つまり、貸金業者は、年収の三分の一を超える過剰融資を
してはいけないことになっているということです。

 

しかし、融資を申し込んだ人が他の貸金業者で融資を受けているかどうか
を調べるということは通常であれば難しいですよね。

 

しかし、これを可能にしているのが、個人信用情報機関になります。

 

個人信用情報機関には、借主の借入残高をはじめ、
返済状況などの個人信用情報と呼ばれるものが登録されています

 

つまり、貸金業者が個人信用情報機関でデータを照会すれば、
借入残高は分かるようになっています

 

借り入れた本人はそのような情報機関に登録した覚えはないと思うかもしれませんが、
借り入れの際には必ずこの個人信用情報機関に登録することを了承しなければならず、
貸金業者は必ず登録をしなければならないことになっていますので、
借入の申込みを行った時点で自動的に登録されることになります

 

つまり、いつお金借りたかも、個人信用情報機関では分かります。
お金 借りる

関連ページ

計画的にカードローンを利用するには希望額を事前に増やしていくことが重要
計画的にカードローンを利用するには希望額を事前に増やしていくことが重要
アルバイトでもカードローンを使えるかどうか試してみた
アルバイトでもカードローンを使えるかどうか試してみた
債務が有ってもOK!それでもお金借りる事ができる方法とは?
債務が有ってもOK!それでもお金借りる事ができる方法とは、このポイントを押さえておくことが重要ですので、よく読んでください。
即日でお金借りる際に行われる与信とはなにか
即日でお金借りる際に行われる与信とは何か?借りる際に抑えておくべきポイントはこれ