クレジットキャッシングで人の価値が決められているようで嫌だ

クレジットカードにもキャッシング枠が付帯しているものがあります。

 

クレジットカードは通常、買い物でカード払いにするときに使いますが、
キャッシングは同じクレジットカードを使ってATMで暗証番号の入力をして現金を引き出します。

 

現金を引き出すと言っても、銀行口座から直接引き出すのではなく、
クレジットカード会社からお金を借りていることになります

 

クレジットカードにはショッピング枠キャッシング枠が設けられているものがあります。
クレジット、つまりツケで物を買うことができる上限額と、
キャッシング、お金を借りることができる上限額があります。

 

例えばクレジットカードの上限額が50万となっていた場合、
一か月のクレジットでの利用とキャッシングでの利用合わせて50万ということになります。

 

クレジットで10万利用すれば、キャッシングは40万という風に相対的に決まります。

 

また、それぞれの上限が事前に決まっている信販会社もあります。

 

上限額はカードの持ち主の信用によるため、年収や職業によって異なるようです
クレジットでは引き落としなどの方法で購入代金だけを払いますが、
キャッシングの場合、元金にプラスして金利分も返済しなくてはいけません。

 

クレジットカードのキャッシングもカードローンと同じく金利14%が上限です。
クレジットでお金借りる

関連ページ

リボ払いとは便利だけど後が怖いことを知った
リボ払いとは便利だけど後が怖いことを知った
専業主婦がカードローンを使えるかは夫の力次第
専業主婦がカードローンを使えるかは夫の力次第